とりあえず、今日も生きている。

引きニート歴5+8年、病歴(自律神経失調症)15年、アラフォー女性の独り言です。

『シミ取りのレーザー治療』を受けてみました。その1

f:id:ayapika:20170531103419p:plain

こんにちは。アラフォー女性のmozuです。

 

今回は自身が体験した『シミ取りのレーザー治療』についてのお話をしてみたいと思います。

顔などにできてしまった目立つシミに悩んでるけど、レーザー治療はちょっと・・と二の足を踏んでる方いらっしゃるかもしれません。

実は私こそがそうでした。5年以上も悶々とシミに悩みながら格闘する日々を送ってきました。

来る日も来る日もシミが気になって、人に気づかれたら嫌だなァ…老けて見えて恥ずかしいなァ…何とかしたいけどどうしたらいいのかなァ…

と、一人脳内でぐるぐるしていました。

そんな私がシミ取りのレーザー治療を受けてみようと思い立ち、実際に体験してみた治療結果や感想などをお伝えしてみたいと思います。

あくまでいち個人の体験談ではありますが、シミに悩んでる方が治療方法などを選択するうえで、ほんの少しでも参考になることがありましたら幸いです。

(※もちろんレーザー治療は医療行為ですから危険性が全くないとは言えません。安易に情報に惑わされずお医者様とよく相談の上、ご自身で判断されるべきことだと思います。)

↓ 

わたくし現在アラフォーですが、30歳前後から左頬骨の上部辺りに、老人性色素斑(いわゆる茶色いババアジミというやつですね…)がポツポツと目立ってくるようになりました。

しかも、一番目立つものは直径が1㎝以上の割と大きめのものです。とにかく一度気になりだし始めたら最後、四六時中気になって気になって仕方がありません。

もちろん美白用化粧品や、ビタミンを多く多く含む食事やサプリなど、対策として思いつくものはイロイロと試してはみたものの、効果が得られるどころか年を追うごとにどんどん濃くなってきてしまいました。

とりあえず、消すのが困難であるならば隠す(ごまかす)しかありません。化粧に励むようになりました。

ただ、所詮素人のやることです。失敗は数知れず…。隠したい一心でコンシーラーの上にファンデーション、パウダー、またコンシーラー…と重ねた結果、かえってシミが際立ってしまうことも・・(だってなかなか上手く隠れないんですもん。。)

部分ばかりに気をとられてしまうとつい力んでしまって、気付くと厚塗りお化けと化してしまったりするんですよね。シミがあるというだけで何割か増しで老けて見えるというのに、これでは余計老けた印象に・・

まさに本末転倒です。結局、メイクのやり直し。。まれにメイクが上手くいってなんとか隠し通せたと思っていても、夕方頃には崩れてくっきりとシミが姿を現していたり。。

鏡を見る度にがっかりする毎日です。残念でつい肩を落としてしまいます。出るのはため息ばかりなり。ふぅ。

はてさて、いったいどうしたものかな…と、悶々とした日々を過ごしておりました。気にするあまりだんだん人に会うのも億劫になっていきました。

同年代の友人知人は美肌の持ち主が多く、恥ずかしくて相談もできないし羨ましくて妬ましくて、なんで私はこうなった…と落ち込むばかりで。こうなると重症ですよね。

本当はシミなんか気にせずに毎日元気にハツラツと笑って過ごしていたら、マイナス点どころかむしろチャームポイントに見えてくることもあると思うんです。

いっそシミを着こなすというか(笑)そんな人に憧れます。本当に魅力的なのはそうゆう人だと思います。

ただ、昔から肌に重度のコンプレックスを抱いていたことが原因でなかなか割り切ることができませんでした。(この辺のことは機会があったら後々書いてみたいと思います。)

また、外見だけでなく自分の内面にも自信がないから余計気になってしまうというのもあります。内面から滲み出る美しさというものは、特に中年にとっては外見以上に大切な要素になってくると思います。表情やしぐさ、雰囲気にも出てしまいますものね。

それから、心身ともに健康であること。これこそが何より一番重要なポイントになってくるかと思いますが、実は私はどれも悩んでいる真っ最中の身で、悠長なことを言っている余裕がありません。だからこそ顔のシミごときが気になってしまうんですが。。(←ループですね。)

まぁ、そこまで気にするくらいならさっさと美容皮膚科にでも相談しに行って、文明の利器「レーザー」でちゃちゃっと取ってしまえば良かったんでしょうけど、

ちょっと事情がありまして(この辺りのことも後々の機会にでも書いてみたいと思っていますが。)美容系のお医者さんというものに対して、私は抵抗感が強くあってなかなか足が向かなかったのであります。

ところがそんなある日のこと、田舎の方に用事があって偶然通りかかった道路で妙に巨大な看板を見かけたんですね。それは普通の個人院(皮膚科)の看板でした。

あまりに巨大だったものですからなんとなく気になってネット検索してみたところ、そちらではシミ取りのレーザー治療も行っているとのことで、料金や手順などが詳しく掲載されていました。

レーザー以外にも薬剤を塗ってシミを薄くする方法もあるらしく、その辺の治療方針は先生と相談で決められるそう。レーザー一択ではなく、選択肢があるということが気に入りました。

とにかくカウンセリングだけでも受けてみようかな、、という気になったので、早速電話で問い合わせてみました。が、特に予約も必要ないそうで、都合の良い日に普通に受診してくださいと言われて拍子抜けしました。

それから数日後の午後、実際に医院を受診してみました。中に入ると広くて綺麗で照明が明るく、待合室には長椅子が7席くらいあったでしょうか。だいたい30人くらいが座れるような感じでした。

席は患者さんで6割くらい埋まっていて、お子さん連れの方ママさんや会社員風の男性、制服姿の学生さんや年配の方まで幅広い年齢層の方々がいるようです。田舎の立地なのに混んでいるということは、評判がいいのかな…なんてぼんやり考えていると受付の方に呼ばれました。

今日はどうされましたか?と聞かれたので、小声で「顔のシミ取りのご相談に…」と答え、問診票を記入をしました。この辺りまったく普通の皮膚科を受診しているのと変わらなかったので気が楽でした。

待合室で30分くらい待ったところで「mozuさん(私です)、中待合室にお入りください。」とアナウンスが流れました。中待合室もなかなか広くて私を含む3人の方が座って待っていました。

診察室と処置室なのでしょうか、、部屋のドアが3つも見えます。どこに呼ばれるのかな?とか無駄なことを考えているうちに、看護師さんから真ん中の診察室に入るよう誘導されました。

先生は中年の男性で、はきはきとして頭の良さそうな雰囲気の方でした。(お医者さんなのだから当たり前かもしれませんが‥)ちょっと話のテンポが早いような感じで受け答えが大変でしたが、そこは私がトロいだけだったかもしれません(笑)

先生の視診によりますと、私のシミの色はまだ薄い方だそうです。境目が微妙に分かりづらい、と…。大きさを測る関係で境目がはっきり分からないといけないようなんですね。

ただ、「大きいから気になるでしょう。」とのことでした。

やっぱり客観的に見ても大きめですよね。。直径1㎝以上のシミは。。正確に計測してもらった結果、約1.2㎝ありました。

治療方針の説明では事前に調べたネット情報と同じように、ビタミン剤のローションや薬剤塗布で様子を見ていく方法もあるとのことでした。ただ、治療期間が長くかかるうえに必ず効果が得られるかというと微妙なのだそうです。

悩んでいる期間を長引かせるよりは、比較的効果の高い(100%ではないですが)レーザー治療がお勧めとのこと。しかも、この場で即施術を行ってもらえるとのことで・・・

先生の言動から多少の強引さを感じなくはなかったものの、優柔不断な私には背中を押してもらったのだと思えました。ちなみに料金は1万8千円。シミの大きさによって変わるようです。

私はシミ取りのレーザー治療を受けてみることにしました。

 

その2につづく。