とりあえず、今日も生きている。

引きニート歴5+8年、病歴(自律神経失調症)15年、アラフォー女性の独り言です。

漠然と自分はどうしたいのか…

パソコンが欲しいとずっと長い間思っていました。

 

パソコンがあればネットという「社会」で何かを得られる気がしていました。

引きこもりでニートな私には体の居場所はあっても、心の居場所がありません。

実質上あるとしても、あると感じられません。常に居たたまれないんです。

 

ただ、パソコンを購入して半年、毎日ネットに触れていても何かを得られた

という感触はありませんでした。

結局、自分がほんとうに望むことはネットの中にはないのだと思い知りました。

まだ見付けられていないだけかもしれませんが。。

 

自分が一番望むことは、やはり「自分の体を使って外に出て働く」ということに

尽きるのだと思います。

でも、それがどうしてもできていません。日々、頭の中でグルグルと思考を

凝らすだけで、行動に移すことがどうしてもできないんです。

 

できない理由は、体調が悪く自分自身に「自信が持てない」事です。

 

冷え取りという手段を得て、日々できる範囲で取り組んではいますが、劇的に

効果が出るものではありません。少なくとも、私には期間が必要なようです。

それでも、少しずつ体の変化を感じてはいて、ゆっくりペースですが良い方向に

向かって行っていると思っています。

 

ただ、体の調子が良くなると焦りの気持ちが強くなってしまいます。

こんなことしてる場合じゃない、早くなんとかしなきゃ…でも、どうすればいい??

私、どうしたらいいの?何をすればいいの?どこへ行けばいいの??????

 

考え始めると堂々巡りで、答えは見つかっている筈なのに行動に移せずに、混乱して

疲弊して、泣いたり凹んだり、逃避したり、、

そうしているうちに、また体調が悪くなってしまうんです。

当たり前ですね。心身が共に元気でなければ、健康にはなれないと思います。

 

では、働きさえすれば健康になれるのか。

……残念ながら私の場合はそれも違うと思います。

働いていた頃からいつも、今抱えている不安感や焦りのような気持ちはありました。体も心も付いて行けず、常に疲弊していました。

そして、逃げることばかりを考えていました。

 

私はなるべくしてなったのだと思っています。今の状況に・・

 

望んだのだと思います。辛いことから逃げて、自分の殻に閉じこもること。

体調が悪いことも言い訳にしているだけなんです。病名も付きませんでした。

「働きたい」なんて大嘘です。働くことは辛いことでした。嫌いでした。

私は生来、臆病者の怠け者で、楽して生きたいのが本音です。

 

それなのに・・

辛いことから逃げて望んだ状況になったはずなのに、どうして今も辛いのか・・

 

「周りに責められるから。」最初はそれが大きかったです。

自分の中では理由(言い訳)がありましたから。「体調が悪く、働けない」と。

でも、今はそうと言い切れないから、もう言い訳ができないから、他人よりも

誰よりも自分が自分を責めてしまっているんです。

 

自分を許してあげられる日が来たらいいなぁ、と心底思います。

そうして楽になれたら、心身共に元気になれるのではないかなぁ、と思います。

 

そして、ほんとうに元気になって

「社会に出ること」が

私の「一番やりたくない事」で

私の「一番の望み」なんだと思います。。

メルカリに出品してみました

こんにちは。mozuです。

 

引きニートの私にとって良くない癖のうちの1つに、過去に執着したり思い出してクヨクヨしてしまう…ということがありますが、

そういったものも一緒に捨てていく、、という意味で、“断捨離”がとても自分に合っている気がしています。

 

不要品を処分して部屋が綺麗に片付くと、単純に気分がすっきりするような感じもします。部屋がぐちゃぐちゃで、どこに何があるか分からない状態はイライラしやすくなりますし。。

特に中途半端なものを取っておいてため込んでしまうのが精神衛生上最も良くないと感じています。

ですが、要るのか、要らないのか・・優柔不断な私にとって、その選別がなかなか難しいんですよね。

理想は、使わないものぜ~~んぶ捨てて身一つになることなのですが(笑)、ネチネチと執着心の塊のような存在の私には難しいので、地道に選別作業に取り組む他ありません・・

 

基本的に病弱で体力と気力が続かないので、日々少しずつ取り組むようにはしているのですが、

そんなこんなで気づけばクローゼットの中が、微妙な不要品を入れた段ボール数箱に占領されるという事態になってしまいました。

微妙な不要品とは、要らないけど捨ててしまうのがもったいなくて、リサイクルに出そうかどうしようかと考え中のものです。実質、考え中のまま放置されているんですが。。

さっさと売りに行くなり、欲しい人にもらってもらうなりすればいいんですけど、売れるかどうかも微妙なものばかりだし、いかんせん量が多くて動かす気力もなくなってしまいました・・

高価買取りしてもらえるようなものであれば、もちろん気力を振り絞って中古SHOPに買い取りしてもらいますが・・微妙なものはいったいどうすれば・・・

 

そこで、無い知恵を絞って思いついたのは、ネットフリマアプリのメルカリってどうなのかな…?ということでした。

メルカリはCMでもよく見かけますし、以前から存在は気になっていたんですが、スマホ未所持のため諦めていました。

ところが、、よく調べてみたら、いつの間にかPCからでも出品できるようになっていたとのことで・・・早速、本など数点出品してみることにしました。

無料会員登録をして、商品の写真を撮ってアップ、商品の説明文を書いて、価格や発送方法などの設定をして、いざ出品…!という流れでした。割と簡単でした。

 

出品から3日経ちましたがまだ動きがないようです。果たして売れるのかどうか・・

売れたら嬉しいですが、売れた後に購入者の方とコメントのやり取りをしたり、評価をし合ったりしないといけないようで、その辺のルールがいまいち分からなくて少し不安です。

メルカリでは独自のルール?みたいなものがあるようですが、解説を読んでもいまいち理解できなかったんですよね。。まぁ、、とりあえずやってみるしかないかと思っています。

 

昔はリアルでフリマに参加したりしていたものでしたけど、ネット上だけで売買のやり取りできるなんて、時代は変わったなぁ、、という印象です。

便利になりましたが、世の中に取り残されている私は、付いていけてないことだらけだと実感もします。。

でも、ハードル低めではありますが、今回新しいことに1つチャレンジできただけでも良かったと思います。売れたらもっと良いですけど(笑)

 

 

 

今一番欲しいもの2

こんにちは。mozuです。

 

ネット通販で買い物をする時に料金の支払い方法を選択しますが、私は大抵カード一括払いを選びます。

ほんとうは代金引き換えが一番好ましいと思うのですが、倹約のため・・カード決済は手数料がかからない場合が多いから選んでいます。

 

引きニート歴が13年である私にも、働いていた時期がありました。かれこれ15年くらい前のことになります。

住まいは田舎ではありますが、その頃、繁華街に市内を展望できる高層のファッションビルが建ちました。

原宿系ファッションを中心としたテナントが多く入店していたので、派手でお洒落な若者たちのたまり場のような存在でした。

週末やにセール時にはかなりの賑わいを見せていました。私も仕事帰りや休日を利用して、週1ペースで通うくらいお気に入りの場所でした。

オープニングセールにも駆けつけたのですが、その時同時にクレジットカードを作りました。

ビルテナント内で1万円の買い物をすると、500円の商品券がもらえる、という内容の特典でした。

テナントでたくさん服を買って、たくさん商品券をもらって、また服を買う・・といったふうに、とてもお得に買い物ができていたと思います。

 

時は流れ、私は体調を崩してニートに・・お金がないのでお洒落は捨てていましたし、そのファッションビルもどんどん衰退していきました。

待ち合わせ場所のシンボルのような存在でもあったので、ニートになった後も時々友人知人と会う際に利用しましたが、いつもお客さんが居なくてガランとしていました。。

10年以上経てば、人も好みも流行りも大きく変わるものですよね。。今の若い方々は、当時のような派手で奇抜なファッションをほとんど好まないように思います。

数年前にテナントは全店撤退、現在は市の施設として利用されているようですが、用がないので近づくことさえなくなりました。

それと同時に、クレジットカードの特典内容も大きく変わりました。私にとっては全く魅力のないものになってしまいました。

 

私は引きニートですが、たまにはネット通販を利用するので、クレジットカードを使用したいことがあります。

私が今欲しいもの…それは、新しいクレジットカードです。

いろいろと調べていると、様々な種類の魅力的な特典付きカードがあって、あれも素敵、これも素敵…と指をくわえて見ているのですが。。

無職では基本審査に通りませんものね。。あの手この手を使って発行もできるようですが、私が望むのはそういうことでもなく…

カードを作る資格のない自分に対して残念な気持ちになることが問題だったりしているんです。。

もし、もう一度社会に出て働くことができるようになったら・・その時は自分へのご褒美にクレジットカードを作ってあげたいなぁ、、なんて思いました。

とっても小さな目標ですが、夢や希望、将来像の見えない私には、それでも充分な動機になりそうだと思ったのでした。

 

冷え取り的なファッションについて

f:id:ayapika:20170626094143p:plain

こんにちは。mozuです。

古着屋さんでちょっと素敵な生成りのブラウスを見付けたので購入しました。価格は500円+税でした。

 

どこが素敵だったかといいますと、お財布に優しいお値段はもちろんなのですが、何より生地の素材がとても気に入りました。綿85%、絹15%です。

表示が正確であるならば、天然素材100%ということになるかと思います。(化繊が使用されていても、ほんの数パーセント程ならば表示されないこともあるそうですが…)

 

私が洋服を選ぶときに確認する優先順位は、①デザイン→②価格→③素材です。

まず、デザインが気に入らなければ基本見向きもしません・・これは普通ですよね(笑)

私は引きニートなのですが、毎日歩くのを目的に外出するようにしていますので、あまりみすぼらしい格好にならないよう気を付けているつもりです。

清潔感を大切にして、動きやすく、なるべく年相応のカジュアル路線にまとまるようにしています。

 

次に価格ですが、私は自分の稼ぎがありませんので、少ないこづかいの中でやりくりしています。当然ですがあまり高価なものには手が出せません。。

よく利用しているのが古着屋さんです。トップスは主に500円~1300円くらい、パンツは2000円前後くらいのものを選ぶことが多いでしょうか。

アウターは気に入ったものであれば3800円くらいまでならギリギリなんとか・・それでも大奮発ですがw

ときどきセールや値下げ品などもありますから、なるべくそういったもの狙いで探すようにしています。

ただ、古着屋はとても便利ですが、他人様のお古な訳ですから品物の状態をよく確認しなければならないのが大変です。。結構シミやほつれや破れがあったりするんですよね。。

特にわきの下は意外と死角なようで、破れていることがよくあるので要注意だと思っています。少々のほつれくらいなら自分で直してしまえばいいので気にしませんけど。

 

そして、服を選ぶとき必ず最後に要チェックするもの・・それは使用されている素材が天然素材であるかどうかなのですが、、

実際探してみると分かるのですが、案外100%天然素材を使用しているものって少ないんですよね。特に低価格のものは化学繊維が混ざっているものが多いようです…(:_;)

天然素材にこだわる理由ですが、私は民間療法の“冷え取り健康法”を実践するようにしているからなんですね。

冷え取りの教えでは洋服の身に付け方が少し変わっていて、頭寒足熱になるように重ね着することと、天然素材のものを着ることがポイントになっています。

綿、麻、絹、カシミヤ…などの天然素材は、体の毒素を吸収してくれる効果があるのだそうです。

中でもは最も優秀な素材で、毒素の排出を促してくれるのだとか…!これは利用しない手はありませんよね。

そんな訳で私は天然素材100%かどうかを最も重要視して、洋服や下着などの体に身に付けるものを選んでいるのですが、ときどき化学繊維が混ざったものも選ぶこともあります。

化繊は体の毒素を吸収する役目はありませんが、丈夫で長持ち、乾きやすい、シワになりにくい…などの利点もありますよね。

なので、アウターなど直接肌に触れないものは、むしろ多少化繊の混ざっているものの方が良いともいえるかもしれません。この辺りのことは、両方の良いところ取りでいいのかなぁ、なんて独自解釈では思っています。

 

私はもともと着道楽で、20代前半の働いていた頃はいろいろなファッションを自由に楽しんでいました。

ギャルファッション全盛期の中、他にパンク、ロリータ、スクール、ガーリー、アメカジ、古着、DCブランド、(あとコスプレww)など・・20代半ばで体調を崩してニートになるまで、お洒落がほんとうに好きでした。(似合う、似合わないは別として…(;^_^A)

でも、夏は化繊のキャミソールにミニスカート、素足にサンダル姿で、クーラーのきいたお店で震えながらアイスやかき氷を食べたり、冬は冬で寒いのにやせ我慢、上半身ばかりモコモコと着ぶくれて足元はひんやり冷たくなっていたり・・

そんなスタイルは体を壊すために続けていたようなものだったんですよね…。

今はそれが痛い程よく分かるので、あの頃はそれなりに楽しくて良い思い出もありますけど、戻りたいとはとても思えません。。もちろんニートになってからの方が何万倍も辛いのですが。。

 

体調を崩して引きニートになってしまった頃の私は、お洒落なんて全部捨ててしまいました。とてもお洒落をする気になどなれませんでしたし、稼ぐことのできない自分には資格そのものがない…とも思っていたんです。

いつも暗い色の地味なデザインの服を着て、極力目立たないようにすることばかり考えていました。

2~3着を延々着まわしていて、首周りが伸びてよれよれで、毛玉ができていたり、色がされたりしているものを平気で着ていました。

当たり前ですが、気持ちも暗くなるばかりでした。30代半ばで冷え取りに出会うまではほんとうにずっとそんな感じでした。。

でも、冷え取りに出会って服装が健康を左右することを知ってから、またお洒落をしたい…!という気持ちがムクムクと沸きあがってきたんですよね。

天然素材が肌に優しく気持ち良いということを実感しましたし、明るい色や柄物にもチャレンジしてみたい、という気にもなりました。

実際、明るい色(特に赤ですが)を身に付けると血行が良くなる作用が働くようなのですよね。巣鴨の赤パンは有名ですし(笑)

 

とはいえ現在はアラフォーという年齢のこともありますし、ニートなのであまりお金を使うこともできません。また、冷え取りの教えに沿ったファッションをしなければ・・という気持ちもあります。

でも、実はこうゆう制限がある中で洋服を選ぶのが、ちょっと楽しかったりもしているんです。掘り出し物を見付けられたときには嬉しい気分にもなれます。

お気に入りの洋服を着ると気分が上がりますし、ちょっぴり自信が付くような感じもするんですよね。単純ですが…単純で良いと思います…!

よく吟味して購入してもたまに失敗もしてしまうんですが、(似合わなかったり、サイズが合わなかったり・・)その場合は古着屋さんに持って行って買い取ってもらいます。

リユースリユースですが、お財布と環境に優しいので良いのではないかな、と思いますvv

 

これから梅雨があければいよいよ夏本番ですが、冷えを溜めやすい夏こそ冷えないような服装を心がけて、少しでも調子を整えるようにしていきたいと思っています。

  


にほんブログ村

 

今一番欲しいもの

こんにちは。mozuです。

 

病弱引きニートの私が一番望むものは、

「健康になって、人並みに働いて、人並みに遊ぶこと」・・・なんですが、現在これが自分にとって非常にハードルが高いものになってしまっています。

心身ともに健康になることは、実際なかなか大変だと骨身に染みて感じていますが、ハードルの高さを勝手に設定して勝手に高く感じているのは、紛れもなく自分自身です。

壁など何もない筈なのに、勝手に脳内で一人ぐるぐるしてあっぷあっぷともがいているだけなんですよね。。

そもそも人並みに…ってどういうこと?という感じがしますが、特に将来の夢などを持っていない自分にとって喉から手が出る程欲しいものとは、

自分で自分を責めなくて済むように・・罪悪感を感じずに済むように・・こそこそと息をころして暮らさずに済むように・・お天道様に堂々と顔を向けることができるように・・・ということになると思います。

 

もともと子供のころから、私には将来の夢や希望というものが特に何もありませんでした。

よく将来の夢は…?なんてテーマで作文を書かせられましたけど、嘘八百並べて原稿用紙をただ埋めていた記憶があります。

周りの女の子たちはというと、結婚して家庭を築きたい…!とか、お花屋さんになりたい…!とか、ケーキ屋さんに…!看護婦さんに…!美容師さんに…!

などなど、とても夢と希望に満ち溢れた内容のことを書いているようでした。

私はそれらを横目で見ながら、もしほんとうのことを書いているのであれば、みんな夢があっていいなぁ、、と感じていました。

 正直、結婚願望を持ったこともありませんでしたので。。子供が欲しいと思ったことも。。私は、子供の頃から自分には人として何かが欠けているような気さえしていました。

 

そんな私が学校を卒業してから望んだことは、漠然としていますが、「自立をしたい」ただそれだけでした。というより、そうするのが当然だと思っていたんです。

私にとっての「自立」とは、“自活できるようになって、自立できたような体裁を整えること”という意味です。

なんといいますか…そこには自分の意思がないというか・・自立をすることが当然だと感じているから、自立を願っているに過ぎませんよね。。

では、私自身がほんとうはどうしたいのかというと、正直分からないのです。。

単純に何かやりたいことはないの…?と問われても、得意なことも極めたことも自身では何もないと思っているので、ほんとうに思いつかないんです。

それで結局、人並みに・・ということを望んでいるだけなんです。

これは自分自身ずっと抱えている大きな課題なので、答えが出ないまま分からないまま、迷宮入りしてしまうような気さえしています。

でも、答えなんてなくていい…!心底そう思えたらそれでいいです。諦めでも悟りでも開き直りでも、何でもいいです。楽に考えられたらほんとうにそれが一番の答えです。

そして、今の自分にとってはこういったことでぐるぐる悩むよりは、楽しいと思えることの1つでもやって現実逃避なり体験なり、発見なりをすることの方が意味があると 思っています。

 

それではあらためて現実的に考えて今一番欲しいものとは、、、

パッと思いつくのは、自転車とタブレット端末くらいでしょうか…。やっぱり夢がないですね。。

でも、それらを自分で汗水流して働いて得たお金で買うことができたら、どんなに素晴らしいことかと思います。

親から受け取ったお金で何かを買っても、必ずちょっぴり残念な気持ちにもなってしまいますから…(^-^;

物欲があるだけまだ良いのかもしれませんけど。それをモチベーションに少しでも前進したいと願うだけでも。。

 

 


にほんブログ村

ニキビちゃんとのお付き合い

こんにちは。mozuです。

 

今朝起きたらだいぶ気分が軽くなっていました。体は相変わらず難儀なんですが、、

1つ変わったことは、顔にニキビがブワ~~ッとできていました。

ほんとうに、いったいどこからわいて出たのか不思議なくらいブワ~~っとです(笑)

 

ああ…、ここ数日の心身の絶不調は毒出しだったのかな・・と思わず苦笑してしまいました。そして今日は、体に溜まった毒素をニキビという形で出しているんですよね。。

なんて分かりやすい体なんだろう、、と思ったら自分の体の健気さに、ちょっぴり愛しいような気持ちがわき上りました。

そんなふうに感じることができたのは、紛れもなく“冷え取り”のおかげです。冷え取りを知るまでは、私にとってニキビは悪しき存在でしかありませんでしたから・・

 

私の半生は、ニキビと共にあると言っても過言ではありません。それはもう、私がニキビなのか、ニキビが私なのか分からなくなる程にです…(^-^;

もっと言ってしまえば、女性としての自信喪失の原因、さらには引きニートになってしまった要因のうちの1つだと思っているくらいです。

ニキビは小学校6年生の頃からでき始めたのですが、それは思春期にポツポツとできるといった次元のものではありませんでした。

白ニキビ、赤ニキビ、腫れて小豆大に膨れあがった膿ニキビ、顔中真っ赤、至るところに全てできていました。膿が潰れてしまってよく出血もしていました。

ほんとうに顔中でした。おでこ、こめかみ、鼻、まぶた、頬、口の周り、唇のきわ、顎、顎の裏、首、胸、背中まで…。

ニキビのことで人から傷つくようなことを言われたことは数知れず、、いえ、自分自身が気にしていたからこそ、少し言われただけでも酷く辛く感じました。

汚くて恥ずかしくて惨めで痛くて…鏡を見る度泣いていました。

次第に人に顔を見られることを嫌うようになっていきました。なるべく髪で顔を隠しながら、うつむいて歩くようになっていきました。

神様に願いを1つ叶えてもらえるならば・・・私は迷わずニキビを治してください、と願おうと思っていました。でも願いは叶いませんでした。私の中には神様って居ませんから…(笑)

当時は悩みすぎて精神的にも少しおかしくなっていたと思います。

洗顔に30分くらいかけていましたし、薬もべちょべちょになるくらい大量に塗りつけていました。そうしないと汚いような気がしていました。

抗生剤もずっと何年もの間飲み続けていました。薬がよく効いた頃もありましたので、とにかく治ると信じて欠かさず飲んでいました。まさかこの行為が冷えを助長することになるとは知らずに…。

 無知はほんとうに怖いです。良かれ、、と思ってやっていたことが体を悪くするための行為だったのです。。

 もちろん、治したい一心で、他にも思いつく限りのありとあらゆることを試しました。ニキビに効く…!と聞けば何でも即効で飛び付いていました。

漢方薬、健康食品、サプリメントエステ、美容皮膚科、ケミカルピーリング、ニキビ用化粧品……どれだけお金と労力をかけたか分かりません。。

でも、どれも効き目はほんのいっときのものでしかなく、それどころか何の効果も感じられないものも数多くありました。

 

そうして結局何年もの間、薬やその他の方法でごまかしごまかしやり過ごしていましたが、一進一退…というよりどんどん悪い方向へ向かっていきました。

なにより心が傷つくんですね。自尊心なんてボロボロです。女性として生まれて来たのに綺麗でなく、、美しい肌をした周りの同年代女性たちと比較されて、自分自身でも比較してしまって…。

もう一生良くなることはないのかと絶望もしました。こんな顔で生きることさえ辛いとも…。

 30代半ばで冷え取りを知るまでは、私はずっとそんな負のスパイラルの中に居ました。

冷え取りを知ったとき、目から鱗・・とはまさにこのことなのかと思いました。私の中で全ての合点がいきました。自分の不調の原因はこれだったんだ…!と。

冷え取りについて、自己流解釈も含めて以下に簡単にまとめてみたいと思います。

 

【冷え取りの教え】では、

病気= 体内の毒素が溢れ出ている状態、

毒素の排出を妨げるもの=体の冷え

→したがって、体の冷えを取れば毒素がよく排出されて病気が治る。

 

【冷えを取る】には、

・「頭寒足熱」「腹八分目」を心がけること。

・“心の冷え”を取ることがもっとも重要。

 

【冷えを取る具体的な方法】は、

半身浴をすること。上半身は涼しく、下半身は温かく。天然素材を身に付ける。

絹と綿の靴下重ね履き、レギンスの重ね履き、湯たんぽを使う。首や手首は一番涼しくする。

食べ過ぎない。腹八分目を心がける。砂糖や冷たいもの、体を冷やす食品は極力減らす。野菜を中心とした和食が理想。

薬の乱用は控えるようにする。特に抗生物質、消炎鎮痛剤など

自分本位の考え方にならないようにする。イライラクヨクヨしない。ストレスを溜めない。

 

【瞑眩(好転反応)について】

・瞑眩とは、冷えを取りを行った際に一時的に症状が悪化したようにみえる状態のこと。

・冷え取りによって体内の毒素は減っているので、症状は悪くなったようでも実は快方に向かっている。

 ・瞑眩を必要以上に恐れず、むしろ毒が出ているのだと喜ぶようにすると良い。

 

………概ねこんな感じで約4年間冷え取りを続けてきた結果、ニキビはかなり改善されました。

生理前や食べ過ぎを続けるとすぐにポツポツと出て来てしまうのですが、調子の良い時は全然できていない時もあります。

現在ニキビ薬(抗生物質)はいっさい使っていません。体の冷えを助長させてしまったのは、薬が大きな原因だったと今は思っているからです。

何よりニキビに対しての考え方が180度変わったことが一番大きいです。ニキビを健康のバロメータなのだと捉えるようになりました。

もちろん、いまだにニキビができると凹みます。。でも、自分の生活スタイルを見直す良いきっかけにもなっています。

食べ過ぎていないか、頭寒足熱を保てているか、心の冷えを溜めていないか、、そうやって自身の行いを反省して、改める努力をするようになりました。

 

難治性のニキビを発症して、失ったものはほんとうに大きくて後悔する気持ちもあります。まだ取り戻すことができていないものもあります。

でも、冷え取りを知ることができて、信じるものができたことはほんとうに良かったと思います。

体の調子はまだ良くなく、冷え取りは瞑眩などの厳しい面もあってときどきくじけそうにもなるのですが、これからもできる範囲で続けていきたいと思っています。

 

 


にほんブログ村

今はまだ、生きているだけで素晴らしいとは言えないけど。。

こんにちは。mozuです。

 

ここ数日間、ズド~~~ン!…と落ちてしまって這い上がるのに苦労しました・・(~_~;) なんとか少し浮上したものの、まだ引きずっていますし・・

冷え取りを始めて、以前よりはずっと心も体も楽になっているんですけど、それでもどうにもならないくらいきつくなることがまだまだあるんですよね。。

 

とにかく、体がだるくて重くて疲労感があって…体に力が入らないし、めまいと足元のふらつきでもつれているので、真っ直ぐ歩けてるのかさえよく分かりません。

胃腸の調子が悪くてお腹を下してばかりなので、栄養が全部流れ出て行ってしまっているような気もします…。常に眠いし、頭が痛いしで元気も出ません。

そういう辛いときって無理に笑ってみたり、好きなことやってみたりするんですけど、結局何にも手に付かなくってボーっとすることくらいしかできないんですよね。。

生理が終わったばかりで、調子が上がってくる筈のキラキラ期と言われているこの時期、どうやら私は恩恵には授かれないようです。。

………いえ、梅雨だからきっとこんななんだと思います。湿気は女性の敵ですもんね。うん、そうです。そのせいです。きっと気のせいなんです。

 

とりあえず、私は体が動くのであれば、毎日必ず歩きに外に出かけるようにしています。

ほんとうは寝ていたい程しんどかったりもするんですが、一日中泣きながら天井の板の数を数えていたあの頃(心身ともに一番辛かった頃)には帰りたくありませんので…。

外の空気を吸って、太陽の光を浴びて、空を見たり風を感じたり、綺麗な花を眺めたり…たとえ心も体も嵐のようでも、そういった刺激が必要だと感じるんですよね。

それと、何かの本で読んだのですが、“うつ病を治す方法は、酷だけどひたすら歩くことしかない”…とあって、感銘を受けたんです。

薬で治すのではなく、自身の体が持っている自然治癒能力を高めて治そう…!というのが自分のテーマでもありますので。

私はうつ病とは診断されてませんし、自身でもうつだとは思っていません。ただ、自律神経失調症と症状が似ている部分が多々あると思っています。

なので、毎日歩くのが良いのか悪いのかほんとうのところは分からないんですが、日課として続けています。だいたい歩数にして8000歩~10000歩くらいです。

それに、外に出ればもしかしてロマンスなんかが訪れるかもしれませんし…(笑) ←これ友人の受け売りなんですがw 

まぁ、、実際ロマンスないですし、漫画のような出来事が自分の身に起きると信じてる訳ではないですけど、そうゆうものの考え方っていいなぁ、と思います。

 

小林麻央さんの事、ニュースで知りました。何と言ったらいいのか、、言葉がありません…。とても残念で悲しいです。。

この世はほんとうに不公平で理不尽なことで溢れかえっていて、生きたいと思っている人が生きられない・・

命って図太いようで儚くて、ときどき生きていることの方が奇跡なのではないのかな、、と思ってしまいます。

そう考えると、たかだか自律神経失調症で引きこもりニートがいったいなんだ・・!?死ぬ訳じゃない!生きられるんだから、堂々と胸張って生きればいいじゃないか!!

……なんて、自分自身のこと叱咤したくなります。(あくまで私自身の事を、です。)実際、それくらい開き直れる根性と図太さがあれば、私はほんとうに生きやすくなります。

今この瞬間、ほんとうは生きているだけで素晴らしいのだと、たとえ錯覚でもそう思えたらどんなにいいでしょうか。。そう思えるようになりたいです。。

 

病気や苦しみ、悲しみと闘う多くの人々に勇気を与えてくださった小林麻央さんのご冥福をお祈り致します。

 

 


にほんブログ村